仲井真弘多知事は9日の県議会臨時会の本会議で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の埋め立て承認をめぐり「公有水面埋立法の基準に適合している申請を政治的理由や地域の意見、県民の思いで不承認とするのは裁量の範囲を逸脱する可能性がある」と述べ、行政手続きとして承認は妥当との認識を示した。さらに「普天間の5年以内運用停止の実現のため引き続き県外移設を求める」とし、公約違反には当たらないと強調した。質問した野党議員からは公約撤回の引責辞任を求める声が相次いだ。

議員からの質問に身振りを交えて答弁する仲井真弘多知事=9日午後、県議会

仲井真知事の議会説明ポイント

議員からの質問に身振りを交えて答弁する仲井真弘多知事=9日午後、県議会 仲井真知事の議会説明ポイント

 知事は「辺野古をノーだと一度も言ったことはない」とする一方、移設実現は困難とする考えも重ねて示した。5年以内の運用停止が実現して普天間の機能を県外へ移した場合でも、辺野古に代替施設が完成すれば「かなりの機能が戻ってくることは当然予想される」と答弁。県外は暫定的なもので、基地機能が将来的に辺野古へ移されることを容認する考えを示した。

 本会議では自民党と野党4会派がそれぞれ政府への意見書案を提出し、10日の米軍基地関係特別委員会で審査される。自民は政府に一日も早い普天間の返還と危険性除去、野党は普天間の閉鎖・撤去と辺野古断念を要求。与党公明党が賛成すれば野党案が10日の本会議で委員長報告で採決される見通しだが、自民案も本会議で採決される可能性もある。

 野党4会派は辺野古埋め立てを承認した知事に対する抗議決議を検討しているが、辞任要求を盛り込むかどうかをめぐり協議が難航し、決議提出は流動的だ。

 野党議員らは本会議で、辺野古埋め立てを承認する一方、県外移設は取り下げていないとする知事の姿勢を「矛盾している」と追及。知事は「辺野古は時間がかかる。一日も早い危険性の除去は県外移設でしかできない」と反論。現時点で取り得る環境保全措置は取られているとし「基準に適合しており、名護市長や利害関係人からの反対意見を勘案しても総合的に承認せざるを得ない」とした。

 傍聴席からは移設反対派の住民約60人が「知事を辞めろ」などと怒号を飛ばし、本会議場は一時騒然となった。