米軍普天間飛行場の「県外移設」を求め続けるとしながら名護市辺野古移設へ向けた埋め立て申請を承認した仲井真弘多知事に、県議会では野党議員だけでなく与党公明党系会派からも「公約」との整合性を問う厳しい批判が相次いだ。