県議会は臨時会最終日の10日の本会議で、仲井真弘多知事が米軍普天間飛行場移設をめぐる名護市辺野古の埋め立てを承認したことは県外移設の公約に違反するとして抗議し、辞任を求める決議を賛成多数(賛成24、反対21)で可決した。沖縄県議会で知事に辞任を要求する決議が可決されたのは初めて。地方自治法に基づく不信任決議のような法的拘束力はないものの、県政史上で初めて県議会が知事に辞任を突きつけた意味は重く、野党内には知事が辞任要求に応じなければ、2月定例会での2014年度県予算案否決も辞さない強硬意見も出ている。

 決議は午後4時半過ぎに開会した本会議で野党の社民・護憲、共産、県民ネット、社大の4会派と中立会派そうぞうが緊急動議で提出。議会運営委員会などで断続的に協議し、午後10時過ぎの採決で賛成多数で可決された。