【名護】政治外交問題に提言するシンクタンク、新外交イニシアティブ(ND)のシンポジウム「普天間基地返還と辺野古移設を改めて考える」が10日、名護市民会館で開かれた。ND理事で元内閣官房副長官補の柳澤協二さんは基調講演で、普天間問題の本質である「危険の除去」が「辺野古移設」にすり替えられていると指摘した。

 国の安全保障政策の実務を担っていた柳澤さんは「経験上、これだけたっても動かない政策はどこか無理がある」と断言。「普天間をなくすという最大の目的を外していることが問題が進まない一番の要因」と強調した。

 政府が唱える抑止力論については「米ソ冷戦時代には機能したが、驚異があるから抑止力が必要という考えは今の時代に成り立つのか」と疑問視した。辺野古への移設は、本土の基地が整理縮小され沖縄に集中した歴史と相似していると説明。「普天間と辺野古は何が違うのか。より抵抗の少ない、人の少ない所に矛盾を集約する考え方や問題を押し付けるサイクルを止めない限り、沖縄が基地の中で暮らしていかないといけないというサイクルは止まらない」と話した。