女子は東由莉(ケンケン体操ク)が安定感のある演技で自己最高の26・5点をマーク。「今までで一番の演技ができた。とてもうれしい」と2連覇を喜んだ。 伸身の宙返りや、前方宙返り2分の1ひねりなどの技を繰り出し、「きれいに決まった」と納得の表情。