重量挙げの第22回全九州高校選抜大会第1日は11日、長崎県の諫早農業高校体育館で行われ、県勢は男女合わせて8階級のうち、6階級を制した。男子は69キロ級の宮本昌典(沖縄工)がスナッチ118キロ、ジャーク150キロ、トータル268キロのいずれも大会新で完全制覇した。このほか、56キロ級の友利和樹(豊見城)がトータル195キロ、62キロ級の赤嶺大輔(糸満)が209キロで優勝した。女子は48キロ級の名嘉山杉野(名商工)がトータル114キロ、53キロ級の當間星香(豊見城)が127キロ、58キロ級の新垣愛恵(同)が148キロで頂点に立った。