【崎原朝一通信員】南風原町の青年海外派遣研修事業で、南風原ジャスコに勤める玉城理沙さん(22)と沖縄国際大学生の徳元りささん(22)が昨年12月、アルゼンチンを訪れた。ウチナーグチで盛んに会話されている状況を知り、2人は「海外の方々の方がよりウチナーンチュらしい」と感激している。

南風原町からアルゼンチンなど南米を訪れた青年海外派遣研修生の玉城理沙さん(前列左から2人目)と徳元りささん(同3人目)=ブエノスアイレス市内

 2人は同5日にアルゼンチンに入り、7日の県人連合会主催の「沖縄祭り」も体験、1週間滞在した後、次の訪問先ブラジルへ向かった。

 2人が派遣事業へ応募したのは、沖縄系移民が多く住む海外への興味と、南風原町出身の移住者に会いたいと思ったことがきっかけ。

 実際、「沖縄祭り」では歓待を受けたようで、「いちゃりばちょーでー(一度出会えば兄弟だ)といった感じだった。ウチナーグチがそこここで話されており、沖縄の伝統がアルゼンチンで生きている」と徳元さん。

 玉城さんも「海外の人たちの方がもっとウチナーンチュらしい。親はウチナーグチで話せるが私は話せない。沖縄に帰ったら祖母とウチナーグチで話してみたい」と刺激を受けたようだ。

 南米の印象については、ヨーロッパ風の街のたたずまいや、ペルー、アルゼンチンともに「人が優しい」ということ。南米の沖縄系社会に接したことで「南米に沖縄があるという感じ。ふと沖縄の感じがして、気がついてみるとアルゼンチンだという変な錯覚に陥る」という。

 2人は在アルゼンチン南風原町人会のリーダー大城昇さんのほか、徳門クリスティアンさん、知念ビビアナさん、呉屋マリエラさんらとも会った。同会は約20年、アルゼンチンから18人の研修生を沖縄へ派遣し、日本語や料理、沖縄の歴史などをアルゼンチンの子弟が学んできた。その結果、クリスティアンさんはすし職人になったほどだ。

 今回、青年海外派遣研修生同士、2世以下の若い世代の交流が始まっていることについて大城さんは「期待したい。スケジュールを組み、応対するなど、若者たちが責任感を持つことになり、大きなプラスになる」と喜んでいる。