途中出場の山内盛久が、持ち前の粘っこい守備とトリッキーなプレーで悪い流れを断ち切った。 第1Qの立ち上がり、高松のエース、ライオンズに立て続けにシュートを決められてリードを許すと、伊佐勉ヘッドコーチ(HC)はすかさず山内を投入。 「練習の時から調子がよかった。