バレーボールの第45回琉球放送旗争奪県中学校新人大会最終日は13日、名護21世紀の森体育館で男女決勝リーグの残りを行い、男子は首里、女子は大宮がともに3戦全勝で初優勝した。

 男子首里は2勝同士で迎えた与勝との最終戦で第1セットを先取されたが、攻守がかみ合い第2セットを奪い返した。最終セットは一時5点差のビハインドからジュースに持ち込み、39-37で激戦を制した。

 女子大宮も2勝同士の宮里との最終戦で、遠藤野乃香主将を軸とした攻撃が決まり、2-0のストレートで破った。