米や日本酒、海産物など新潟の魅力をそろえた第12回「いいものいっぱい新潟展」が14日、那覇市の沖縄三越6階イベントプラザで始まった=写真。20日まで。

新潟の米や日本酒、海産物などを買い求める客でにぎわう「いいものいっぱい新潟展」=14日、那覇市・沖縄三越

 ことしは新潟の海の幸と米を使ったすしが食べられるカウンターもお目見え。農産物のほか、初出展の洋なしスイーツ、越後伝統の工芸品など36社が出展し、朝から多くの買い物客でにぎわった。

 PRのため同日、沖縄タイムス社を訪れたにいがた観光親善大使の織田島圭さんは「越後平野がはぐくんだこしひかりがおすすめ」と来場を呼び掛けた。