【東京】菅義偉官房長官は14日の記者会見で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題が最大の争点となる名護市長選について、結果に左右されることなく辺野古移設を「粛々と進めていきたい」との姿勢をあらためて示した。自民党の石破茂幹事長も「基地の場所は政府が決めるものだ」と述べており、政府・与党として再選を目指す反対派の現職、稲嶺進氏をけん制した形だ。

 菅氏は選挙結果による辺野古移設への影響について「知事が辺野古埋め立てを承認し、そこは決定している」と強調。その上で「政府として、まさに抑止力、そして普天間飛行場の固定化があってはならないという中で、地元の理解を得ながら粛々と進める。これは日米両国の間で17年前に取り決めたことだ」と述べた。

 市長選で辺野古移設「推進」を掲げる末松文信氏の支援体制については「党幹事長が中心になって、与党の公明党にも働き掛けながら、しっかりと進めていると認識している」と述べた。

 また、小野寺五典防衛相は同日の記者会見で、辺野古移設への反対が賛成を上回った世論調査結果について「普天間の固定化があってはならないという声が強いのも事実。日米合意のキャンプ・シュワブ沖への移設を唯一の案として進めていきたい」と述べ、埋め立ての知事承認に基づき、手続きを推進したいと強調した。

石破氏 沖縄入り意欲
要請には「即応で応援」

 【東京】自民党の石破茂幹事長は14日の記者会見で、名護市長選への取り組みについて「私に限らず、党として即応する形での応援体制をとりたい」と述べ、米軍普天間飛行場の辺野古移設推進派の末松文信氏の支援のため、県連など地元から要請があれば沖縄入りする方針を示した。

 また、同日午前の自民党役員会と役員連絡会で「名護市長選挙については、きっちりと対応をする」と確認したことを説明。その上で、選挙の結果が辺野古移設に与える影響については「投票箱のふたが閉まるまで、こうなったらどうだのああだのというお話はない。選挙期間中、最大限の力を尽くすという以外の何物でもない」と述べるにとどめた。

 石破氏は鳥取県米子市で12日、記者団に対して「(名護市長選は)名護、県北部地域の発展を考える選挙だ。基地の場所は政府が決めるものだ」と述べ、再選を目指す反対派の現職稲嶺進氏をけん制。市長選挙の結果にかかわらず、政府、自民党が移設作業を強力に進めるとの強い姿勢を示していた。