14日午前9時ごろ、米軍伊江島補助飛行場の上空で、MV22オスプレイからパラシュート降下訓練をしていた海兵隊員2人が施設フェンス外の牧草地や葉タバコ畑に着地した。けが人はいなかった。

 伊江村などによると、着地は提供施設内の黙認耕作地。1カ所は刈り取り後の牧草地でフェンスから約30メートル、もう1カ所は植え付け前の葉タバコ畑でフェンスから約400メートルだった。降下訓練をしたのは6人、そのうち2人がフェンス外に着地した。フェンス外着地は昨年5月1日以来。

 島袋秀幸伊江村長は「これまでも悪天候時は訓練を自粛するよう求めてきた。原因究明や再発防止を求める中で事故が起き残念」と述べた。15日に村議会議長と共に沖縄防衛局に申し入れる。

 在沖海兵隊報道部は取材に「通常の訓練をしていた隊員がフェンス外に着地したが提供施設内だった。けが人や損害は報告されていない」とした上で「訓練は米軍の即応性を高める」との認識を示した。

 県基地対策課は14日、防衛局に「人的・物的な被害は確認されていないが、周辺住民に不安を与えるもので、安全管理に万全を期すよう米側に働き掛けてほしい」と申し入れた。防衛局は米海兵隊に安全管理の徹底を要請した。

 伊江島でのパラシュート降下訓練をめぐり、昨年5月にもオスプレイから降下した米兵1人が提供施設区域外に着地した。