【名護市長選取材班】19日投開票の名護市長選挙は、16日から最終盤の「三日攻防」に入る。最大の争点となる米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題で、「推進」を掲げる前県議で新人の末松文信氏(65)=無所属、自民推薦=と、「反対」の立場を貫き、2期目を目指す現職の稲嶺進氏(68)=無所属、社民、共産、社大、生活推薦=が連日、それぞれの政策を訴え、基礎票固めや無党派層の支持獲得に向けて全力投入している。

 15日は両氏とも、街頭でのスポット演説などで市民に支持を訴えた。末松氏は企業や地域のあいさつ回りや街頭演説を実施。喜瀬区では演説会を開いた。稲嶺氏は公務の合間を縫って、朝の手振りや街頭演説を実施。屋部支部総決起集会に参加した。