仲井真弘多知事の辺野古埋め立て承認取り消しを求める住民訴訟が起こされた。最大の焦点は、裁判所が住民には、利益が侵害されているとして、裁判に訴えられる資格「原告適格」を認めるかだ。承認という行政処分をめぐる実体審理に入るかどうかが注目される。 日本の行政訴訟では、原告適格の範囲がとても狭いとされる。