県が独立採算制を堅持していた下地島空港を存続させるため、県費を投入する方向で最終調整に入ったのは、仲井真弘多知事の判断が強く働いたためだ。