【北中城】北中城村議会(花崎為継議長)は17日の臨時会で、米軍普天間飛行場の移設をめぐり、名護市辺野古沖の埋め立て申請を承認した仲井真弘多知事の辞任を求める決議案を賛成多数で可決した。知事の埋め立て承認は県外移設の公約に反し、県民に大きな失望と苦痛を与えたなどと抗議している。県議会が同様の決議を可決しているが、市町村議会では初めて。

 決議文は「米軍基地と振興策を進んで取引するような姿がメディアを通じて全国に発信されたことは屈辱的ですらあり、県民に大きな失望と苦痛を与えた」と指摘した。

 その上で「埋め立てに自ら道を開きながら非を認めず、開き直る態度は不誠実の極みであり、県民への冒涜(ぼうとく)というほかない」と批判。「知事にはもはや県民代表の資格はない」と糾弾し、辞任して県民に信を問うよう求めた。