日本一早い桜を全国に届けようと17日午前、那覇空港でカンヒザクラの発送式があり、本部町のミスさくらが、八重岳桜まつりに協賛する日本航空・日本トランスオーシャン航空の関係者に切り花を贈った。

ミスさくら(左側)から、カンヒザクラの切り花をJAL・JTAの関係者に贈られた=17日午前、那覇空港

 切り花は全部で30束。北海道旭川から那覇まで全国22カ所の空港のチェックインカウンターやラウンジに飾られる。

 本部町観光協会の當山清博会長は「18日からは八重岳桜まつりが開かれる。全国の皆さんに本部の元気な桜や、花いっぱいで暖かい沖縄の冬を楽しんでほしい」とあいさつした。