【東京】下村博文文部科学相は17日の記者会見で、八重山地区内の教科書問題で、県教育委員会が八重山採択地区から竹富町を分離できるか文科省に意見照会していることについて「八重山採択地区においては、地理的、社会的条件や関係自治体との規模などから一つの共同採択地区として設定すべきだ」と述べ、竹富町の分離について「不適切」との考えを示した。

 現在の教科書無償措置法では、採択地区は市郡単位で設定するように定められており、町村単位で分割することは想定されていない。しかし、政府が昨年11月に示した教科書無償措置法の改正に向けた「教科書改革実行プラン」では、地域の実情にあった設定を可能にするため、「市郡」単位となっている採択地区を「市町村」に柔軟化する方針を示している。

 下村氏は、実行プラン中の「柔軟化」について「共同採択制度の趣旨を変更するものではない。協議が難航した場合に採択地区を分割できるということではない」との認識を示している。

 また、八重山採択地区から竹富町が分離した場合について「十分な教科書の調査研究ができない」などと述べ、県が検討する分離に対し「不適切」との考えを示した。同省は、県教委の6項目の意見照会について今月中に回答する方針だ。