世界遺産の今帰仁城跡の夜桜をライトアップする「第7回今帰仁グスク桜まつり」が18日から始まるのを前に、17日の夜、試験点灯された。

ライトアップされピンク色のサクラが浮かび上がり、幻想的な雰囲気に包まれた=17日、今帰仁城跡

 600本のヒカンザクラはまだ4~5分咲きだが、灯籠やライトに映し出され、幻想的な雰囲気だった。

 18日午後5時半から開始セレモニーがあり、古典音楽斉唱や舞踊などが披露される。入場料は大人400円、小中高生は300円。ライトアップは午後6時半~9時まで。問い合わせは同まつり実行委員会、電話0980(56)2256。