【石垣】県内有数の米どころの石垣島で17日、「日本一早い田植え」が始まった。石垣市新川の仲新城淳さん(77)の田んぼでは、コシヒカリの苗が田植え機で次々に植えられていった。

5月収穫予定の超早場米を植える仲新城さん=石垣市新川

 仲新城さんは年に3回収穫する三期作に取り組んでおり、順調に生育すれば、5月上旬には日本一早い「超早場米」が収穫される。

 昨年は度重なる台風の影響で思うような収穫ができなかった。仲新城さんは今回、昔ながらの苗づくりで例年にない健康な苗ができたと喜び、「今日はおてんとさまも良く、うま年はえとの中でも縁起がいい。豊作を期待している」と笑顔を浮かべた。