【中部】中部広域の小学5年生65人が14~18日の5日間、山形県で雪国の生活を楽しんだ。「最上広域圏派遣交流事業」(主催・中部広域市町村圏事務組合)で雪に囲まれた東北地方の生活や歴史に触れた子どもたち。最上郡の小学生との交流で沖縄と山形の文化、芸能などを互いに学び合い、川下りやスキー、雪合戦などに歓声を上げた。沖縄では見られない雪景色や寒さ、そして最上郡の小学生や人々との温かい交流が一生の思い出になった。(中部支社・仲間勇哉)

スコップで雪をかく。想像以上の重さに驚きの声が上がった=大蔵村清水・大蔵小学校校庭

初日の歓迎交流会。最上地域の小学生とおしゃべりしながら打ち解けた=新庄市金沢・ベルフォール新庄玉姫殿

浮輪に乗ってゲレンデを滑る子どもたち。沖縄では体験できない遊びに歓声を上げた=真室川町・神室少年自然の家

スコップで雪をかく。想像以上の重さに驚きの声が上がった=大蔵村清水・大蔵小学校校庭 初日の歓迎交流会。最上地域の小学生とおしゃべりしながら打ち解けた=新庄市金沢・ベルフォール新庄玉姫殿 浮輪に乗ってゲレンデを滑る子どもたち。沖縄では体験できない遊びに歓声を上げた=真室川町・神室少年自然の家