第4回おきなわNIEセミナーが18日、那覇市の琉球新報社で開かれ、伊平屋村立伊平屋小学校6年の児童18人が公開授業を行った。興味のある記事を切り抜き、グループ内で発表して順位をつけ、その記事に各自がコメントする「新聞ツイッター」の取り組みでは、国際問題や地域の話題など、幅広いジャンルの記事が取り上げられた。

気になった新聞記事について意見発表する伊平屋小学校の児童=18日、那覇市の琉球新報社

(22日付教育面で詳報)

 どの記事を選んだかを発表する場面では、県内の新成人が逮捕された記事について「大人は、子どもの憧れであり、目標。大人としての責任感を持ってほしい」という意見が出た。

 公開授業に参加した野甫愛美さん(12)は「大人が多くてびっくりしたけど、取り組みを見てもらうことで自信がついた。新聞を読むことは社会に出たときに重要になってくる。自分のためにこれからも続けていきたい」と語った。