仲井真弘多知事は19日夜、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設が最大の争点となった名護市長選で稲嶺進氏が再選された結果について「名護市の有権者の判断だ」とした上で「この何日かは末松文信氏の陣営にダイナミックな動きがあり、負けない手応えを感じていた。まだ実感がない」と述べた。自らが辞職する考えは「全くない」と明確に否定した。

 那覇市内の知事公舎で記者団の質問に答えた。

 昨年末、移設先の辺野古沿岸部の埋め立てを承認した判断を撤回する意向があるかと問われ「(埋め立て申請は)公有水面埋立法上の承認をした。今からどうこうできない。代替施設建設は政府の仕事だ」と述べた。