全国が注目した名護市長選挙は、市民に「基地経済か、自立か」の2択を正面から突き付けた。そして人々は、次々と示された“政府発”のいわくつきのカネを「基地と引き換えには、いらない」ときっぱり拒否した。 4155票の大差。この明確な意思が何を意味するのか、政府は理解できるだろうか。