米軍普天間飛行場の辺野古移設が最大の争点だった名護市長選は、移設反対の稲嶺進氏が再選を果たした。名護市は移設阻止に意気上がるが、推進派の末松文信氏を支援した政府側は、移設作業の先行きを危惧する一方、仲井真弘多知事の埋め立て承認で法的にはクリアしたとの思いが交錯する。