ジャンボツアーズ(那覇市、谷村勝己社長)とフィンランドの航空会社・フィンエアーは、フィンランド北部ロヴァニエミの上空5千メートルでオーロラを観測する、日本初の遊覧飛行ツアーを企画した。ジャンボツアーズがフィンエアーの160人乗り航空機A(エアバス)320機をチャーターし、80人限定で募集している。3月23日出発で、8日間の日程。フィンランド国内2都市を回るコースと、フィンランドとパリを回るコースが用意されている。フィンランド2都市のコースは、19万8千円から。フィンランドとパリのコースは23万8千円から。

 フィンエアー大阪支店旅客営業部の日々谷透課長、ジャンボツアーズメディア事業部の上地恭代海外セクションリーダーらが20日、沖縄タイムス社を訪れた。ロヴァニエミは、年間200日以上オーロラが出現する地域。さらに、高度5千メートルの雲上での遊覧飛行で、天候に左右されずオーロラが観測できる可能性が高いという。日々谷課長らは「実績をつくり、来年以降の開催につなげたい」と話した。

 ツアーの申し込みは、3月9日まで。問い合わせはジャンボツアーズ。電話098(867)0007。