沖縄防衛局は20日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古での代替施設建設に関し、市が管理する辺野古漁港内での工事や代替施設完成後のオスプレイの燃料タンク設置について、名護市長の許可などが必要となることを明らかにした。沖縄タイムスの質問に答えた。

 防衛局は「代替施設に必要な法的手続きを現在精査している」とし、市長が関与する手続きを見極めるとする一方、「工事内容が法令に適合していれば許可等が得られると考えている」との認識を示した。

 防衛局によると、燃料タンクの設置許可は消防法に基づき、市長に申請する。辺野古漁港区域での工事には漁港漁場整備法により、漁港管理者である名護市長との協議が必要と規定されている。