【嘉手納】嘉手納町議会(徳里直樹議長)は22日午前の臨時会で、米軍普天間飛行場の移設をめぐり、名護市辺野古沖の埋め立て申請を承認した仲井真弘多知事に抗議し、辺野古移設断念と基地負担軽減を求める意見書案を全会一致で可決した。

 ステルス戦闘機F22ラプターの嘉手納基地への暫定配備に反対する抗議決議と意見書、続発する米軍ヘリの墜落事故に抗議し飛行中止を求める抗議決議と意見書の4案も全会一致で可決した。

 埋め立て承認の意見書では、安倍晋三首相の基地負担軽減策などの説明に対する知事の発言は「県民の思いと大きくかけ離れたものであり、これまでの辺野古問題に関する公約や議会答弁などと、全く矛盾する」と指摘。安心、安全で平和を求める県民の期待に反して承認した知事へ強く抗議し、承認の撤回を求めた。