格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは21日、福岡-那覇線を7月19日から就航すると発表した。国内11番目の路線で、1日1往復2便運航する。片道運賃は3990~2万6690円で、予約時期や空席状況によって異なる。21日から販売を開始している。

 ピーチは那覇空港を関西空港に次ぐ第2の拠点と位置付けており、福岡-那覇線は四つ目の沖縄発着路線。今後も那覇を発着する路線を増やす方針で、那覇から東南アジアへの国際線の就航も検討している。

 現在那覇-福岡線には、全日本空輸、日本トランスオーシャン航空、スカイマークの3社が就航している。