県教育委員会は22日、八重山地区内で異なる中学校公民教科書が使われている問題で、県教委の照会に対し、文科省が採択地区の分割などを認めない内容の回答をしたことに「答えになっていない」などとして再質問を含めて対応を検討することを決めた。

 各委員は同日開かれた勉強会で、文科省からの回答について論議。「竹富町の教育の機会均等は阻害されていない」「文科省の検定をパスした教科書が使われている」などの質問に対し、適切な回答がなされていないと指摘した。

 宮城奈々委員長は「文科省の回答は答えになっておらず、想定外の結果となった。委員から疑問が出ている」と再検討の必要を強調。諸見里明県教育長は「回答には納得できない。今後委員会で議論を深めて具体的な方針を決めたい」と述べた。