【東京】平和・民主主義の確立などに貢献した記事を検証する「第18回新聞労連ジャーナリズム大賞」の表彰式が23日、文京区民センターで開かれ、沖縄タイムスの連載「波よ鎮まれ~尖閣への視座~」に優秀賞が贈られた。

「新聞労連ジャーナリズム大賞」優秀賞の賞状を受け取る嘉数よしの記者(右)=東京・文京区民センター

 取材班を代表して表彰状などを受け取った社会部の嘉数よしの記者は「取材で『平和共存』や人権の大切さといった国の枠を超えた普遍的な価値概念を実感した。国境を超えた戦争を許さない民意の発信に努めたい」と話した。

 大賞は、高知新聞社会部が憲法や民主主義について取り上げた「平和、人権、民主主義に関する一連の報道」。

 県内からは、優秀賞に琉球新報社の「4・28『主権回復の日』に関する一連の報道」。疋田桂一郎賞に同社の当銘寿夫さんの「A級戦犯ラジオ番組で語る」と「連載『原発事故とウチナーンチュ本紙記者リポート』」が選ばれた。