【豊見城】豊見城市真嘉部コミュニティーセンターと市第3民生委員児童委員協議会は18日、市根差部の同センターで「とみぐすく版 新春子どもかるた大会」を開いた。幼稚園生から小学6年まで児童53人が景勝地など市の自然文化が紹介されたかるたを楽しんだ。

読み手の声に耳を澄ませる子ども達=豊見城市・真嘉部コミュニティセンター

 かるた大会は高学年や幼稚園など5グループに分かれてスタート。

 「明るいまち あいさついっぱい 豊見城」「瀬長島 ひこうき見るよ 野球もするよ」などと読まれると、子どもたちが競って札を取り合った。

 小学2年生グループ優勝の小渡まさや君(とよみ小2年)は「かるたは楽しかった。優勝してうれしかったです」と笑顔で話した。

 大会終了後はもちつき交流会も催された。