【石垣】不動産業の日建ハウジング(那覇市、識名安信代表)は24日、石垣島最大級の太陽光発電所(メガソーラー)の起工式を石垣市白保で開いた。

工事の安全を祈願し、くわ入れする識名代表(中央)ら関係者=石垣市白保

日建ハウジングが市白保に建設するメガソーラーの完成予想図

工事の安全を祈願し、くわ入れする識名代表(中央)ら関係者=石垣市白保 日建ハウジングが市白保に建設するメガソーラーの完成予想図

 同社の売電事業参入は初めて。発電出力は約2メガワットで、年間の発電量は一般家庭600世帯に相当する。6月1日に発電を開始する予定。

 識名代表は「豊かなサンゴがある白保で再生エネルギー事業を進め、地球温暖化防止、ひいてはサンゴ保全に貢献したい」と語り、将来は発電データを蓄積し、東南アジアの病院や学校への太陽光発電無償整備に生かす考えを示した。

 建設地は約1万8千平方メートルで、7704枚のパネルを設置。建設費は約6億円で、売電による年間収入は約1億円を見込む。

 同社は今後、太陽の傾きに合わせてパネルが角度を変える最新発電技術を取り入れた事業展開を目指す方針。