東京大学の研究チームが生み出した、絶対に負けない「じゃんけんロボット」が、動画サイトで人気を呼んでいる ▼人間が何度挑もうが、間髪入れず手を変えようが、ロボットが100%勝利する。からくりは人が出す手を瞬時に認識して千分の1秒だけ後出しする装置にある。超高速ゆえ、誰も後出しに気付かない

 ▼23日に告示された東京都知事選では、知名度の高い候補者がぎりぎりになって立候補を表明する「後出しじゃんけん」が今回も話題になった

 ▼早く出馬を決めると、あら探しをされて攻撃を受ける、直前の方が宣伝効果が大きいなど駆け引きもある。でもそのために公開討論会が開けなかったり、政策比較ができないというのは、どうなのか

 ▼後出し以上にたちが悪いのは、有権者を欺くような反則行為。基地の県外移設を公約に掲げて当選した知事が、新しく基地を造るための埋め立てを承認するのはフェアプレーからは程遠い。名護市長選で移設反対の民意が示された直後に、移設手続きに着手した国の対応もアンフェアである

 ▼子どものころ、じゃんけんで教わったのは「お相撲さんの大きなグーでも、赤ちゃんの小さなパーに負ける」というシンプルなルール。ずるをしたら、誰からも信用されず孤立することは、幼稚園生でも知っている。(森田美奈子)