女子決勝は美里が首里の猛攻に苦しみながらも、5連覇を達成した。 開始早々に相手守備陣のミスを突いて先制。前半7分に新城舞主将が追加点を挙げるまでは、女王の貫禄十分な戦いぶりだった。 だがその後は、首里の反撃を受けて精彩を欠いた。