団体女子決勝は互いに譲らず、2-2の最終シングルス戦までもつれ、真志喜の上原みなみが3-2の逆転で豊見城の喜久盛優香を下して、チームに2連覇をもたらした。 会場中の視線が集まり、緊迫した状況での対戦に、上原は「緊張したけど、みんなの応援が聞こえていた。負けるわけにはいかなかった」と強い気持ちだった。