中部徳洲会病院が宿敵・住友電工を破り、悲願の全国3冠王者となった。3度目の挑戦での3冠達成に、就任4年目の新城剛監督は「本当によくやってくれた」と選手をたたえた。 第1シードで登場し、順当に白星を重ねて決勝へ。連覇を狙う住友電工に対し、第1セットを先取したが第2セットは苦戦。