沖縄本島で運行するバス4社(琉球バス交通・沖縄バス・那覇バス・東陽バス)とゆいレールで利用できるIC乗車券の名称が「OKICA」に決まった。バスやモノレールをメインにしたデザインは紅型から着想したといい、沖縄旅行や守礼門などをランダムに配置した。

沖縄ICカードの仲吉良次社長と、命名者の中島優子さん(11)、デザイン考案者の安里亮祐さん(30)=28日、県庁記者会見室

 名称とデザインは一般公募し、読谷村立渡慶次小5年の中島優子さんが命名、デザイナーの安里亮祐さん(30)のデザインが採用された。

 IC乗車券はことし10月からゆいレールで先行導入し、来年4月からバスでも利用できる。