2日間通じて得意のパットが入らずバーディーを逃し続けてきた伊波杏莉が、最終18番で「ずっと外していた距離」の3メートルを沈め、同スコアの古波蔵希をカウントバック方式で退けた。 今年プロを目指すためアマチュア選手権は今回が最後。滑り込み4位で2年ぶりの本戦出場を決め、涙を流して喜んだ。