「年金の削減は許さない」「消費増税とダブルパンチ」。30日、年金の2・5%削減の取り消しを求める不服審査請求に合わせて那覇市の県民広場で集会が開かれた。約1カ月半の短期間で集まった請求は予想を上回る619人。高齢者の苦しい生活実態にさらに追い打ちをかける施策への悲痛な訴えが相次いだ。