沖縄地方は30日、高気圧に覆われて晴れ間が広がった。与那国町与那国では県内の今年の最高気温、25・6度を観測し「夏日」となった。28観測地点のうち、5カ所で今年の最高気温を記録。3月中旬から4月中旬並みのぽかぽか陽気となった。

照りつける太陽の下で、元気に遊ぶ子どもたち=30日午後3時ごろ、豊見城市・豊崎にじ公園

 竹富町波照間は24・8度、石垣市登野城は24・4度だった。

 小浜島でウインドサーフィンを楽しんでいた依田桂子さん(40)=横浜市=は「東京は0度だったので気温差は25度。1月に夏のような海遊びを楽しめてよかったけど、帰ったら体調崩さないように気を付けます」と笑顔で語った。

 沖縄気象台によると、向こう1週間は引き続き平年より気温が高い状態が続く。2月2日から3日にかけては、かなり高くなる見込みだ。