【嘉手納】嘉手納高校総合学科福祉系列の生徒たちが29日、地域のお年寄りを同校に招き、生きがいデイサービスを開いた。これまでに4回の実習を受け入れてくれた感謝の意を込めて東区のお年寄り30人を前に、習得した知識や技術の成果を披露した。

嘉手納高校生のデイサービスで、空き缶を積み重ねるゲームを楽しむお年寄り=同校

 お年寄りは4人一組でグループをつくり、交互に空き缶を積み重ねて競うゲームに熱中。自分の身長よりも高く積み上げる人もいて、缶が倒れると笑い声が上がった。体操のほか、生徒たち手製のスコーンをおいしそうに食べ、2時間のデイサービスを楽しんだ。企画、運営は全て生徒が考えたという。

 池原千代さん(92)=町屋良=は「子どもたちと一緒でとても楽しい。若くなったようだ」と満面の笑み。同校3年の比嘉友里加さん(18)は「お年寄りが楽しんでくれてうれしい」と喜んだ。

 27日は中央区、30日は北区のお年寄りを招いた。