「誰も信じてくれなかった」という実験成果が、生命科学の歴史を塗り替える大発見につながった。

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)を中心とするチームが、体のさまざまな細胞になる能力を持つ万能細胞「STAP(スタップ)細胞」をまったく新しい手法で作ることに成功した。

 海外からも「革命的だ」などと称賛する声が相次いでいる。後に続く研究者や多くの若い人たちにも大いに励みになるだろう。

 STAP細胞が画期的なのは、その製造手法である。

 万能細胞とは、神経や筋肉など多様な細胞や組織に成長できる細胞のこと。受精卵から作るES細胞や山中伸弥・京都大教授が遺伝子を導入することで作り出したiPS細胞などがある。

 STAP細胞は、マウスの体の細胞を弱酸性の溶液に入れ刺激を与えるだけで、いったん成長した体の細胞が、受精卵のような状態に巻き戻される「初期化」現象が起き、多様な細胞に変化する能力を得た。世界初の手法である。

 iPS細胞やES細胞より簡単で効率よく作れる利点があるほか、遺伝子に触れないないため、がん化の危険性も低いとみられている。また、iPS細胞からは作れない胎盤にも成長したという。

 初期化については、iPS細胞のように細胞核に手を加えない限り、ほ乳類では起きないとされていた。STAP細胞は、生命科学の通説を覆す成果を挙げたのである。

    ■    ■

 ここに至る過程は、決してスムーズではなかった。英科学誌ネイチャーに最初に投稿した論文は「何百年の細胞生物学の歴史を愚弄(ぐろう)している」と突き返された。

 小保方さんはあきらめなかった。「泣き明かした夜は数知れない。今日だけは頑張ろうと思って続けた」

 折れない気持ちは、2度目の投稿で論文が受け入れられ実を結んだ。自らを信じてやり続けることの大切さを30歳の若き研究者が、教えてくれたことに頭が下がる。

 実験で着るのは白衣ではなく祖母からもらったかっぽう着、実験室の壁はピンク色に塗り替え、室内にはムーミンのグッズ。一風変わった研究室の風景は、既成概念にとらわれない柔軟性の表れか。今後について「まだ何もできていない。数十年後とか100年後の人類社会への貢献を意識して研究を進めたい」と語る謙虚さは、研究者としての真摯(しんし)な姿勢である。

    ■    ■

 今回成功したのは生後間もないマウスの細胞だけで、大人のマウスではSTAP細胞になる確率が低くなったという。再生医療に応用するには、人の細胞でも同じ結果が出せるのか、など課題がある。

 米ハーバード大ではSTAP細胞を使い脊椎損傷のサルを治療する研究を始めるなど、早くも国際的な研究競争が始まっている。

 小保方さんの独創的な発想を、最終的な論文にまとめ上げた周囲の協力は、研究支援のあり方を考える機会にもなろう。今回の成果を生かした研究の進展に期待したい。