J3のFC琉球は31日、金武町陸上競技場で今季J1に復帰するヴィッセル神戸と練習試合を行った。

激しくボールを奪い合うFC琉球の島村麗乃(19)=金武町陸上競技場(国吉聡志撮影)

 試合は30分3本形式で行われ、各1点ずつを奪われて0-3で敗れた。攻撃面で精彩を欠いたものの、薩川了洋監督は「試合の組み立てはこれからでいい」と楽観的。「今はゲーム中のコミュニケーションをしっかり取ることを意識してほしい」と強調した。

 今季新加入で25歳のDF浦島貴大は「もっと選手間の連係強化が必要」とコメント。「自分は中堅の世代なので、チームを引っ張っていけるようになりたい」と意欲的だった。

 チームは3日にも、J2市原千葉と南城市玉城陸上競技場で練習試合を行う。