宜野湾市の市立体育館で31日、IT津梁まつり2014(主催・IT産業人材確保支援コンソーシアム)が開幕した。県内のIT関連企業が商品やサービスの内容を紹介しながら、学生の就職活動や進路の相談に応じる窓口を開設。高校や専門学校の生徒らが、日ごろの学習成果を披露した。1日まで。

ETロボコンのレース本番に向けて試走を繰り返す参加者ら=31日、宜野湾市立体育館

 1日は高校や、専門学校、高専の生徒による学習・研究成果の発表のほか、ETロボコンやマイコンカーのレース、体験イベントなどがある。午前10時~午後5時まで、入場無料。

 学生らに広くIT関連の仕事を知ってもらい、人材確保につなげるのが狙い。31日の開会式で県中小企業家同友会の小渡代表理事は「ITは観光と並ぶ沖縄の基幹産業だが人材の確保が課題。若い人たちに多いに関心を持ってほしい」と呼び掛けた。