沖縄ゴールデンファーム(那覇市、小渡圭子社長)が製造する土産物「和装箸袋(はしぶくろ)」が、第10回魅力ある日本のおみやげコンテストの工芸の部で準グランプリに輝いた。全国から応募のあった250点から選ばれた。準グランプリの受賞は県内で初めて。

魅力ある日本のおみやげコンテストで準グランプリを受賞した和装箸袋=1月29日、沖縄タイムス社

 「和装箸袋」は和紙で、琉球王族や舞妓(まいこ)、侍の衣装を演出。日本らしいデザインが高い評価を受け、審査員からは「テーブルに華やぎを与え、日本のおもてなしを食卓に表現した」と評された。

 1月10日、東京ドームで表彰式があり、小渡社長に賞状が贈られた。小渡社長は「諦めずに大切に商品を売っていれば、評価されると分かった」と喜んだ。

 同商品は漆塗りの箸付きで2100円(税込み)。成田空港の土産品店「桜」で販売している。問い合わせは同社、電話098(943)1505。