独立リーグ出身の中日の又吉克樹投手(西原高-環太平洋大-四国アイランドリーグplus香川)は初日からブルペンに入って約60球を投げ込んだ。 全体練習後にはブルペンで注意を受けた軸足の使い方を中心に、キャッチボールでフォームをチェックするなど精力的に動いていた。