男子普天間は、チームを二つに分けたとはいえ精鋭ぞろいの王者・前原に競り勝った。 1人少ない4人の前原Bとの準決勝で大将を任された平良滉大が引き分けて代表戦に持ち込み、大浦将之が制して決勝へ進んだ。 さらに少ない3人ながら、昨夏の全国総体で8強入りした主力でつくる前原Aとの決勝。