【名護】名護市の子どもたちに北海道の雪をプレゼントする「なごに雪プロジェクト」(実行委員会会長・村田正敏北海道新聞社社長)が2日午前、名護市営球場であった。北海道栗山町から雪2トンが届き、集まった子どもたち約50人が球場横の広場で雪合戦や雪だるまづくりを楽しんだ。同球場で1日にキャンプインしたプロ野球の北海道日本ハムファイターズを応援する全日空、サッポロビール、日本ハム、北海道新聞社でつくる「なごに雪プロジェクト実行委員会」が主催し、今年で2回目。

雪遊びを楽しむ子どもたち=2日午前、名護市営球場

 村田会長が「雪の感触を楽しんで」とあいさつすると、待ちかねていた子どもたちが一斉に雪に飛びつき、歓声を上げながら雪遊びを楽しんだ。日ハムの栗山英樹監督も会場に駆けつけ、子どもたちと記念撮影した。

 太陽の子保育園の具志川結ちゃん(5)は「雪は冷たいけどふわふわで気持ちいい。かわいい雪だるまができた」と笑顔をみせた。