【東京】安倍晋三首相は3日、首相官邸でロックリア米太平洋軍司令官と面会し、普天間飛行場の移設推進を確認し、嘉手納より南の土地の返還、沖縄の負担軽減に向けて協力していくことで一致した。同日、個別に面会した小野寺五典防衛相、岸田文雄外相もそれぞれ沖縄の基地負担の軽減への協力を要請した。

ロックリア米太平洋軍司令官(右)に沖縄の負担軽減などの協力を求める小野寺防衛相=3日、防衛省

 防衛省で面会した小野寺氏は、沖縄の状況について「昨年末、沖縄県が埋め立て申請を承認した。さらなる負担軽減のため、協力をお願いしたい」と要請。移設工事に向けた入札公告を始めたことを説明し、オスプレイの訓練移転にも協力を求めた。ロックリア氏は、県の埋め立て承認に感謝を示した。岸田氏との会談でも負担軽減に取り組むことで一致した。